しゃぶしゃぶも地域によって違う!?特徴を地域別に紹介

しばしば話題に上がることがありますが、関東圏と関西圏では味の好みの違いがあります。これは気候などによっても変わってくるものですが、小さいことから慣れ親しんだ味をそのまま好みの味として認識していることもあります。

今回はしゃぶしゃぶの地域ごとの好みの味わいを紹介しつつ、地域ごとのおすすめのしゃぶしゃぶについて触れていきます。旅行などに行った際には、ぜひ様々なしゃぶしゃぶを堪能してみると良いでしょう。

関東と関西での味覚の違い

お鍋をする際には関西と関東の味付けの違いが気になります。地域によって味付けが変わってくるので、違う地域に行く際にはワクワクドキドキすることでしょう。

ということでここからはまず、関東と関西の味覚の違いについて紹介していきます。ぶりしゃぶとした鍋料理にもその味付けは反映されやすいので、ぜひチェックしてみてください。

関東

昔からよく言われていますが、関東圏の人は濃い味わいの食事をとることを好んでいます。特に東北地方など寒い地域の人は、寒さから身を守るために麹など体を温める素材を使った味噌系や、スパイシーなキムチなどを好みます。

関西の人からしてみると、初めは濃すぎる味わいに感じるかもしれません。ただ、コクのあるスープに様々な具材を入れて楽しむしゃぶしゃぶというのも美味しいものです。関東圏で食事をする際には、ぜひ濃い目のスープを堪能してみてください。

関西

関西圏のスープは、味が薄いものが基本です。カップラーメンなども関東と関西では味の違うものがご当地限定として販売されているほど、その好みの差は顕著です。

気温の比較的暖かい地域では、濃い目のものよりもさっぱりとした味わいのスープを好む人が多く、それが定着してきたのでしょう。

関西圏では薄めの昆布やカツオなどのだしを中心としたしゃぶしゃぶが好まれる傾向にあります。関東圏の人は初めは、やや薄く物足りなく感じることもあるでしょう。しかし、だしの味わいを楽しむというのも、しゃぶしゃぶの醍醐味の一つです。

各地のしゃぶしゃぶの特徴

日本の伝統的な料理、しゃぶしゃぶですが、その味付けや調理方法は各地で少しずつ異なっています。その地域ごとの良さも出ているので、各地の鍋を食べ歩いたり料理をして食べてみたりするのも良いでしょう。

基本的には北と南で味付けや内容が異なるようなので、まずはチェックしてみてください。

北海道

北海道といえばジンギスカンですが、ラム肉を使ったしゃぶしゃぶも名物として知られています。ラム肉特有の風味を感じることができるのが大きな魅力です。

ラム肉は低カロリーで栄養も豊富なので、健康のためにも良い食材です。昆布だしなど控えめな味わいのスープに合わせることで、ラムの香りが引き立つので、ぜひ食べてみると良いでしょう。

味に飽きたら調味料で味を変えてみると、また違った味わいを楽しむことができます。ラムの風味が溶け込んだスープで食べる野菜なども絶品なので、一度試してみる価値ありです!

富山

富山県でしゃぶしゃぶを食べるなら、ブランド牛「氷見牛」を使ったものがおすすめです。山間部の中地で育てられた氷見牛は、栄養価の高い飼料で育てられています。霜降りのバランスも良く、高級牛ならではの深い味わいを感じることができます。

焼肉店などでも使用されることが多い氷見牛ですが、しゃぶしゃぶにすると素材そのままの味を堪能することができるのでおすすめです。富山に行った際には、ぜひ一度食べてみると良いでしょう。

名古屋

名古屋でしゃぶしゃぶを食べるなら、鯛しゃぶしゃぶがおすすめです。鯛はさっぱりとした味わいですが、美味しいだしが出る食材です。そんな鯛を使ったしゃぶしゃぶは、さっぱりとしていながらも旨味を感じることができます。

また、鯛の素材そのものだけではなく、鯛のだしで食べる野菜やお肉も絶品です。炊き込みご飯の定番でもある鯛のだしを使ったしゃぶしゃぶは、昆布だしやかつおだしのしゃぶしゃぶに匹敵する旨味があります。ぜひ名古屋に行った際には、堪能してみてください。

京都

京都でのしゃぶしゃぶは、鴨を使ったものがおすすめです。しゃぶしゃぶは牛肉や豚肉が定番ではありますが、京都のかもしゃぶは美容にも良いと注目されています。

鴨の肉にはビタミンがたっぷり含まれており、「ビューティーミート」と呼ばれるほど美容に良い素材なのです。また、鉄分も豊富なので、貧血気味の女性にもおすすめの食材です。

鴨肉はさっぱりとしていて食べやすく、他の野菜との相性も良いのが魅力。京都で食べるならやはり、京鴨を使ったしゃぶしゃぶを選ぶのが良いでしょう。

関西(はもしゃぶ)

京都では鴨の肉を使ったしゃぶしゃぶがおすすめだと紹介しましたが、関西圏で食べて欲しいものがもう一つあります。関西でははものしゃぶしゃぶも人気なので、こちらもぜひチェックしてみてください。

ふわふわした食感のはもは天ぷらなどに使われることも多いですが、しゃぶしゃぶとの相性も抜群です。さっぱりとした味わいなので、昆布だしなど控えめな味わいのだしと合わせると素材の旨味を感じることができます。

上品な味わいのしゃぶしゃぶを堪能したいなら、はもしゃぶがおすすめです!

鹿児島

鹿児島の名物といえば、「黒豚」を使ったしゃぶしゃぶです。観光客だけではなく地元の人も絶賛するほどの美味しさなので、ぜひ一度味わってみると良いでしょう。

鹿児島黒豚のお肉は甘く柔らかいので、舌触りもよく最高の食材と言えます。コクがありどんどん食べたくなる美味しさで、お酒にもよく合います。

通常の豚しゃぶも美味しいですが、鹿児島に行った際には黒豚を使ったしゃぶしゃぶもぜひ堪能してみてください。

味の違いを楽しむことが大切!

日本全国には、地域によって様々なしゃぶしゃぶがあります。同じ鍋料理なのに、入れる具材や味付けによって全く違う食べ物になるというのは面白いものですよね。各地の鍋は名産品などを取り入れていることが多いので、ぜひ本場の味を堪能してみたいものです。

旅行の際には、そうした食べ比べができるのも大きな醍醐味です。ぜひいろいろな地域を回って、各所のご当地しゃぶしゃぶを味わってみてください。