しゃぶしゃぶでは木綿豆腐?絹豆腐?鍋料理におすすめなのはこっち!

木綿豆腐と絹豆腐。様々な料理に使いますよね。料理で使い分ける人もいれば、好みで選ぶ人もいます。味や食感の違いから、木綿豆腐と絹豆腐の魅力はそれぞれ異なります。これまで、何となく豆腐を選んできた方は、これらの違いを知ることで、より美味しいしゃぶしゃぶが作れるかもしれません。

今回は、木綿豆腐と絹豆腐の違いや、しゃぶしゃぶにおすすめの豆腐についてご紹介していきます。

木綿豆腐と絹豆腐の違いとは?

木綿豆腐と絹豆腐の違いで、すぐに思い付くのは食感ですよね。その他にも、味わいが違うという人も多いでしょう。また、あまり知られていませんが、栄養価も違ってきます。

木綿豆腐

木綿豆腐は、豆乳ににがりを入れたあと、圧縮して水分を絞り出して固め、成形します。そのため、水分が少ないぶんしっかりとした歯応えが特徴です。絹豆腐に比べて固く、舌触りはザラザラとしています。圧縮により栄養分が凝縮するため、味は濃厚です。

この味は、凝縮されたタンパク質や脂質、カルシウム等のミネラル分によるもので、豆腐らしい味を楽しみたいなら木綿豆腐がおすすめです。

絹ごし豆腐

絹ごし豆腐は、ツルツルっとした滑らかさが特徴です。これは、木綿豆腐のように圧搾しない製法が影響しています。水分が多く含まれているぶん、滑らかな食感が味わえるというわけです。木綿豆腐に比べると、味わいはマイルド。

木綿豆腐ほど栄養素が凝縮したしっかりとした味わいではないかもしれませんが、圧搾しないことで水溶性ビタミンが流れ出ることがなく、ビタミンB群は残っている点が特徴です。

調理の仕方で豆腐を変えるべき?

木綿豆腐派、絹豆腐派とそれぞれ意見が異なるかもしれませんが、一般的には調理法によって豆腐の使い分けをした方がより美味しくなると言われています。

どんな料理を作るのか、調理の仕方によってベストな豆腐は異なってくるため、できればその特徴を知って使い分けると良いでしょう。ここでは一般的な情報をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

木綿豆腐におすすめな調理

木綿豆腐は、製造過程で水分を圧搾しているため、味を染み込ませたい料理に適しています。煮物や、鍋料理に使うと、出汁の味をしっかりと吸い込んでくれるため、豆腐そのものに味が染み込んで美味しくなります。

また、固さを生かした料理にも向いています。例えば、豆腐ステーキのようにそのまま焼く調理では、扱いやすいというメリットがあります。揚げたり、炒めたりする調理においても、形が崩れにくいためおすすめ。特に、豆腐チャンプルーなど、豆腐の形がしっかりと残っていた方が見映えがよく美味しい料理には、木綿豆腐がベターです。

木綿豆腐は、生のままでも美味しいです。冷奴など、シンプルに豆腐の味を楽しみたい時にも使えます。ただし、絹ごし豆腐に比べるとやや味がしっかりとしているため、醤油やポン酢等のシンプルな味付けをおすすめします。

絹ごし豆腐におすすめな調理

絹ごし豆腐は、くせのない控えめな味と、舌触りの良さが魅力です。そのため、そのまま食べる冷奴やサラダに向いています。

鍋料理においては、好みで選ばれることが多いですが、湯豆腐に関しては圧倒的に絹ごし豆腐がおすすめです。

水分をもとから多く含んでいるため、煮たり焼いたり、揚げたりする調理にはやや不便で、形が簡単に崩れてしまうという一面があります。しかし、もっちりとした食感を楽しみたければ、これらの料理に使えないこともありません。多少、料理のテクニックが必要とされるでしょう。

白和えなど、和える料理に関しては、絹ごし豆腐の方が合っています。ふんわりとしたほのかな味わいが、調味料や他の素材の味を引き立たせてくれるからです。火を通す調理においては、形が崩れやすく扱いにくいことを知っておきましょう。

しゃぶしゃぶに適した豆腐はどっち?

しゃぶしゃぶをはじめ、鍋料理には絹ごし豆腐がマッチすると思われがちですが、実はそうとも言い切れません。確かに、湯豆腐に関しては絹ごし豆腐がベターです。

しかし、味をしっかり染み込ませたい鍋料理の場合は、木綿豆腐がおすすめ。豆腐に含まれる水分がすくないぶん、出汁の味を染み込ませることができます。

しゃぶしゃぶに関しても、木綿豆腐の方がベターです。特に定番の昆布だしで作る場合は、繊細な出汁の味を染み込ませて食べることができます。

レタしゃぶダイニングで提供している「押し豆腐」とは?

レタしゃぶダイニングで提供する食材は、すべてこだわりのものばかり。豆腐に関しては、味の染みやすい木綿豆腐を使っています。

しかも、ただの木綿豆腐ではありません。押し豆腐といって、木綿豆腐からさらに水分を抜いた、しっかりとした食感が特徴の豆腐です。その名のとおり、豆腐に重しをして水分を抜くことから、その名前がついています。

この押し豆腐、一般的な水切り豆腐よりもさらにしっかりと水分が抜けていて、形が崩れにくく歯応えも十分な点が特徴です。一般的なスーパーでは販売されていないことが多いため、家庭で手間をかけて手作りするのが主流。

レタしゃぶダイニングでは、その押し豆腐を味わうことができます。お肉や出汁だけでなく、ぜひ豆腐の違いにも注目してみてくださいね。

しゃぶしゃぶには木綿豆腐がおすすめ!好みにより使い分けよう

今回は、木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いや特徴、それぞれのおすすめ調理法についてご紹介しました。どちらの豆腐も好きだけど、調理法によって使い分けていないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

調理法によって、向き・不向きはあるものの、最終的には自分の好みで選ぶ人もいます。そのため、正解はありませんが、あくまでも一般的な知識として知っておくと役に立つのではないでしょうか。

鍋料理、特にしゃぶしゃぶには、木綿豆腐がおすすめです。お肉の旨味がしっかりと落ちた出汁に、味の染み込みやすい木綿豆腐は相性抜群。形が崩れにくいため、すくう時も便利です。

これまで、豆腐の種類にこだわっていなかった、あるいはどちらか一方ばかり食べていたという方は、調理法法にあった豆腐を選んで使い分けてみると、新たな発見があるかもしれませんよ。