しゃぶしゃぶはもう肉だけじゃない!魚介類のしゃぶしゃぶ4選

しゃぶしゃぶといえばお肉ですが、最近では魚介類のしゃぶしゃぶも注目されており、美味しさのあまりハマってしまう方が続出しています。そこで今回は、魚介類のしゃぶしゃぶ5選についてご紹介をしていこうと思います。

魚介類はしゃぶしゃぶに向いている?

魚介類のしゃぶしゃぶは、通称「うおしゃぶ」と呼ばれています。近年では生でも食べられる新鮮な魚を、あえてしゃぶしゃぶとして味わえる専門店が増えてきており、見た目の意外性や魚本来の風味などを楽しめると注目を集めているフードの1つです。

魚介類といえば、火を通すことによって「パサパサとしている」という食感の感想を抱く方も多いのではないのでしょうか。しかしそれは焼いたり煮たり、魚介類の身の奥底まで火を通すからなのです。

基本的に魚介類は肉とは違い、新鮮であれば生で食べることができる食品です。鮮度に気を付けて用意した魚や貝であれば、しっかりと火を通さずに食べたとしてもなにも問題はありません。

新鮮な魚介類をしゃぶしゃぶする場合には、サッと火を通すぐらいがちょうど良い加減です。種類にもよりますが、火を通しすぎればパサパサとした食感になるのに、サッと火を通す程度ならプルプルとまた違った食感を楽しむことができます。

このようなことから、魚介類はしゃぶしゃぶに向いていると言えるでしょう。

魚介類のしゃぶしゃぶ1:ぶり

・魅力や味

ぶりのしゃぶしゃぶ…いわゆるぶりしゃぶと呼ばれるものですが、魚のプロや和食のプロたちからすれば、親しみのあるしゃぶしゃぶなのではないのでしょうか。

ぶりは、12月〜2月頃の真冬の時期に旬を迎える魚であり、この時期のぶりは寒ぶりと呼ばれています。身はぷりぷりとして、たっぷり脂が乗っているのが特徴的です。

ぶり自体の味が濃いので、タレはポン酢などさっぱりとしたものを選ぶことをおすすめします。

また、ぶりの選び方でも美味しさが変わってきます。ぶりをしゃぶしゃぶに選ぶのであれば、より脂の乗っている腹身のがおすすめです。もちろん、脂っこいのが苦手な方なら、背身を使用するのも良いでしょう。

・値段

ぶりしゃぶの値段は、お店で食べるのであれば、だいたい1人前2500円前後が相場です。ちょっと高めのお店なら、味や鮮度によりこだわったブリを用意しているでしょうから、お値段以上においしいしゃぶしゃぶが食べられるかも知れませんね。

また一方で、自宅で気軽にぶりしゃぶをするのであれば、1人前1000円前後とリーズナブルに楽しめます。

魚介類のしゃぶしゃぶ2:うなぎ

・魅力や味

うなぎといえば、蒲焼のイメージが強いですよね。しかしあまり知られていませんが、うなぎはしゃぶしゃぶで食べても非常に絶品なのです。

うなぎをしゃぶしゃぶにすると、ふわふわとした食感を楽しむことができます。蒲焼よりも何倍ものふわふわ感を味わえるので、うなぎの新しい魅力を感じることができるでしょう。

また、うなぎは本来脂身が多い魚であり、実際に食べても脂っこいところが特徴的です。しかし、しゃぶしゃぶにすることで適度に脂が落ち、ヘルシーにあっさり食べやすくなります。

うなぎをしゃぶしゃぶで食べる時は、昆布汁でしゃぶしゃぶして召し上がるとより美味しいですよ。

・値段

うなぎ自体の値段が高いので、うなぎのしゃぶしゃぶをお店で食べる場合は1人前4500円前後ぐらいが平均的です。

もちろん、自宅でうなぎのしゃぶしゃぶをすれば半額以下に抑えることができますが、美味しさが格段に違ってきますので、ぜひお店で食べることをおすすめします。

うなぎのしゃぶしゃぶは少し高いですが、ちょっとした贅沢に良いのではないのでしょうか。

魚介類のしゃぶしゃぶ3:カニ

・魅力や味

かにのしゃぶしゃぶといえば、自宅だと皮むきが大変です。そんな時は元々皮をむいてあるカニを購入すれば、難なくしゃぶしゃぶすることができます。

カニはカニでも種類が多くて悩むものですが、カニ本来の美味しさを楽しむのであればズワイガニを、しっかりとした満足感を得たいのであればタラバガニを使用することをおすすめします。

カニは新鮮であればレア・ミディアム・ウェルダンの3段階の味を楽しむことができます。またなんといってもしゃぶしゃぶのしめにカニ雑炊を楽しむことができるところも、カニのしゃぶしゃぶの魅力的な部分なのではないのでしょうか。

味としては、昆布出汁の醤油ベースがおすすめです。

・値段

そもそもカニは高級な食べ物です。高いお店であれば1人前10000円〜20000円前後するなど、かなり高い値段となっています。

自宅でカニのしゃぶしゃぶをするとしても、安くて5000円前後の予算を用意しておく方が安心です。

魚介類しゃぶしゃぶ4:マグロ

・魅力や味

マグロのしゃぶしゃぶ!?と驚く方も多いかもしれませんが、知る人ぞ知るマグロの専門店などでは提供されている料理です。

マグロといっても部位は様々であり、中でも大トロのしゃぶしゃぶは絶品です。生で食べるよりも美味しく、口の中でとろけるその食感にハマってしまう方も多いのではないのでしょうか。まるで高級なお肉のような食感を楽しむことができます。

昆布出汁でしゃぶしゃぶをした後にポン酢で頂く食べ方がなんとも美味しいのです。

・値段

マグロは部位によって値段が大幅に変わります。大トロなどを提供している高いお店であれば、1人前10000円前後は覚悟しておくと良いでしょう。

しかしマグロは鮮度をあまり気にしないのであればスーパーでも気軽に手に入れることの出来る食材ですので、自宅でしゃぶしゃぶにすれば1000円前後とリーズナブルに楽しめますよ。

魚介類のしゃぶしゃぶ5:鯛

・魅力や味

最後にご紹介するのが、鯛のしゃぶしゃぶです。

鯛のしゃぶしゃぶは、火の通りが早いところが魅力的な部分です。半生になる程度に昆布出汁でしゃぶしゃぶをした後、さっぱりとしたポン酢で食べると絶品です。

鯛のしゃぶしゃぶは、鯛を薄く切ればより美味しさが増します。お皿へ綺麗に盛り付けているところも、鯛のしゃぶしゃぶの魅力的な部分でしょう。

・値段

鯛も高級な魚のひとつです。お店で食べるのであれば、1人前5000円〜10000円前後ぐらいします。

しかし鯛は釣りで気軽に釣ることが出来たりもするので、知り合いに釣りをする方がいて運がよければゼロ円で手に入れることも不可能ではありません。釣ってすぐに食べれば美味しい新鮮な鯛のしゃぶしゃぶを召し上がることができるでしょう。

また、スーパーなどでも気軽に購入できますので、その場合には数千円前後で楽しめるのではないのでしょうか。

お肉もいいけど魚介類のしゃぶしゃぶもおすすめ!

いかがでしょうか。しゃぶしゃぶといえばお肉が基本かもしれませんが、実は魚介類のしゃぶしゃぶもかなり美味しく、注目され続けています。是非あなたも1度、お好きな魚介類のしゃぶしゃぶを召し上がってみてはいかがでしょうか。きっとハマること間違いありません。