しゃぶしゃぶは冬だけじゃない!夏でも食べたくなる7選

冬といえばしゃぶしゃぶといった鍋系を、夏といえば素麺などといった涼しいものを想像するでしょう。しかししゃぶしゃぶには、夏でも食べたくなるようなものが多く存在しているのです。そこで今回は、夏でも食べたくなるしゃぶしゃぶ7選をご紹介していきます。

夏のしゃぶしゃぶに向いているもの

夏のしゃぶしゃぶに向いているものといえば、やはり夏バテを防止してくれる夏ならではの野菜ではないのでしょうか。

例えば…きゅうり、トマト、ナス、オクラ、枝豆、ピーマン、ズッキーニ、とうもろこし、かぼちゃ、モロヘイヤ、ニラ、そら豆、いんげんなど。このような夏バテ防止の野菜を使用することにより、夏らしいしゃぶしゃぶを楽しむことができるのです。

しかしこれらの野菜の中には、もちろんしゃぶしゃぶに向いていない野菜も存在しています。

例えば、とうもろこしやそら豆や枝豆などといった、つぶつぶしているものです。箸では食べにくいですし、しゃぶしゃぶするものでもありません。このように向いていない野菜はストレスのあるしゃぶしゃぶになってしまいがちなので、無理してしゃぶしゃぶに使用しないようにしましょう。

では、これらの野菜の中でどれが夏のしゃぶしゃぶにむいているのかご紹介していこうと思います。

夏にオススメのしゃぶしゃぶ1:オクラ

・得られる栄養価や効果

オクラには特有の粘り気があります。この粘りには、ペクチン・ガラクタン・アラバンなどといった食物繊維が含まれており、これらは大腸ガンのリスクを減らしたり、便秘や下痢などを予防してくれます。

また、コレステロールの数値も下げてくれるので、コレステロールの数値が高くて悩んでいる方には是非とも積極的に摂取をして欲しい野菜です。

・しゃぶしゃぶする場合

オクラは、和風テイストな味が似合います。出汁は昆布またはカツオからとった出汁にして、醤油ベースだとよりマッチします。

肉と同じくしゃぶしゃぶすれば、美味しく食べることができます。(オクラをカットしてしゃぶしゃぶしても良いですし、カットせずにある程度茹でてから食べても良しです。また、お肉と一緒に巻いて食べても絶品です)

夏にオススメのしゃぶしゃぶ2:ナス

・得られる栄養価や効果

ナスの皮には、ナスニンといった高い栄養価を持ち眼を休めてくれる効果のある成分や、カリウムといった夏バテを解消してくれるような効果の栄養価が含まれています。さらにカリウムは血圧を下げてくれる効果を持っています。

・しゃぶしゃぶする場合

ナスをしゃぶしゃぶするなら、ナスを薄くスライスしておきましょう。この時、栄養価の高い皮は削ぎ落とさず、きちんと残しておくようにしてくださいね。

ナスはさっぱりとしたポン酢が特にマッチしますので、タレにはまずポン酢を選ぶことをおすすめします。

夏にオススメのしゃぶしゃぶ3:モロヘイヤ

・得られる栄養価や効果

モロヘイヤを食べると骨粗鬆症予防になると言われています。含まれているカロテンという栄養価は、老化防止効果を期待できる素晴らしいものであり、鉄分もしっかりと含まれていることから貧血気味の方にもおすすめの具材です。

・しゃぶしゃぶする場合

モロヘイヤは、刻むと粘り気が出てる野菜です。鍋の中で粘りを出したくないのであれば、刻まずそのまましゃぶしゃぶすることをおすすめします。粘りけが好きな方は遠慮なくしっかりと刻んでしゃぶしゃぶしましょう。

モロヘイヤは葉物野菜ですので、火も通りやすくてヘルシーなしゃぶしゃぶへと仕上がります。タレはポン酢が合います。

夏にオススメのしゃぶしゃぶ4:トマト

・得られる栄養価や効果

トマトには様々な栄養が含まれています。美肌効果が期待できたり、風邪予防や腸内環境を整えてくれるなど、嬉しい効果しかありません。野菜の中でも特に栄養価が高い野菜なのではないのでしょうか。

・しゃぶしゃぶする場合

トマトはしゃぶしゃぶすると言うより、鍋の中へ潰して入れて、出汁のようにすることをおすすめします。その場合には、トマトだけを入れるのではなく、コンソメなどの調味料で味を調節して、トマトベースの出汁を作るようにしましょう。

野菜としてしゃぶしゃぶをするのもいいかもしれませんが、より効果的にトマトを摂取するのであれば、トマトベースの出汁をオススメします。

夏にオススメのしゃぶしゃぶ5:ズッキーニ

・得られる栄養価や効果

ズッキーニにはビタミンBとカロテンが豊富に含まれています。身体の代謝を上げてくれたり、がん予防やアンチエイジングなどといった、健康を保つことにおいて必要な役割を担ってくれる栄養価を含んでいます。

・しゃぶしゃぶする場合

「あんなに太い野菜をどうやってしゃぶしゃぶに?」と思う方も多いでしょう。

ズッキーニをしゃぶしゃぶにする場合には、ピーラーでスライスをして薄くしてから、お肉と一緒にしゃぶしゃぶをすると美味しく召し上がれます。タレは、しょうゆベースやポン酢などといった和風系が合います。

夏にオススメのしゃぶしゃぶ6:かぼちゃ

・得られる栄養価や効果

かぼちゃには、抗酸化ビタミンやカロテンという栄養素が豊富に含まれています。ガンや廊下や免疫力の低下などを抑制してくれたり、視力の維持をしてくれるなど様々な嬉しい働きをしてくれます。

・しゃぶしゃぶする場合

かぼちゃは薄くスライスすれば火が通りやすい野菜です。柔らかくてホクホクとした食感を楽しむことができます。

かぼちゃは煮物など和食に使われることも多いので、昆布出汁でしゃぶしゃぶすると味がマッチします。タレは、醤油ベースがオススメです。

夏にオススメのしゃぶしゃぶ7:ニラ

・得られる栄養価や効果

ニラはアリシンという成分が特に豊富に含まれている野菜です。疲労回復の効果に期待でき、更に免疫力を高めガン予防の効果まで得ることができます。

また血行促進の効果にも期待できるので、冷え性で悩んでいる方は積極的にニラを摂取することをおすすめします。

・しゃぶしゃぶする場合

ニラはすぐ火が通る野菜です。また、ニラは料理で言うと中華系に使われることが多いということから、中華ベースの出汁がよくマッチします。それに合わせて、タレも中華ベースのものにするとより美味しく食べることができるでしょう。

また、辛いものが好きな方であれば、中華ベースのタレに辣油やコチュジャンなどをプラスすれば、より一層美味しく頂くことができます。

しゃぶしゃぶは夏でも美味しい!

いかがでしたでしょうか。しゃぶしゃぶには、夏野菜もマッチするということから、冬だけでなく夏にも食べたい料理であることが分かりましたね。ぜひあなたも、夏にしゃぶしゃぶを食べてみてはいかがでしょうか。