しゃぶしゃぶにおすすめの豚肉の部位は?肉の部位に合わせた料理を!

皆さんがしゃぶしゃぶをする時、豚肉のどこの部位を使用していますか。これまであまり気にしてこなかったあなたも、しゃぶしゃぶに向いている部位を知ることによって、格段に美味しく食べられるのです。そこで今回は、しゃぶしゃぶにおすすめの豚肉の部位や、それぞれの部位に合わせた料理をご紹介していこうと思います。

しゃぶしゃぶにおすすめの豚肉の部位は?

スーパーなどで売られている、しゃぶしゃぶ専用のお肉を見たことはないでしょうか。どれもスライスされているものであり、薄いなと感じたことはありませんか?

しゃぶしゃぶに使用するお肉は、そもそも厚さ1mm以下にスライスされているものがほとんどです。鶏肉や厚めにカットされている豚肉・牛肉はどうしても火が通りにくいので、しゃぶしゃぶよりも炒め物や煮物、鍋などの料理の方が向いています。

やはりしゃぶしゃぶに最適なものをと考えれば、1mm以下にスライスされたお肉がおすすめです。具体的には以下のような肉がしゃぶしゃぶしやすく、また美味しく食べられる一例となります。

・ロース
・バラ
・肩ロース

部位別におすすめの料理をご紹介

ロース

ロースはじっくり火を通しても固くなりにくく、冷めても柔らかく頂くことができます。美味しさのバランスがとてもよく、豚の中では1番美味しさを実感することのできる部位でしょう。

基本的に、お店では2~3cm程の厚みにカットされ、とんかつ用やとんてき用として販売されるていることが多くなっています。なのでロースと言えばしゃぶしゃぶというイメージが薄いかもしれませんが、薄くスライスすればしゃぶしゃぶにピッタリのお肉に変化するのです。

おすすめの料理はズバリ!「とんかつ」

ロースといえば、やはりとんかつが定番です。しゃぶしゃぶではスライスしたロースを使用しますが、とんかつでは2~3cm程の厚みにカットしたロースを使用します。

ロースを使用することで、どっしりとボリュームのある、美味しいとんかつに仕上げることができます。赤身もしっかりとしているので食べごたえがありますし、冷めても美味しいのでロースはとんかつにとても向いています。

・とんかつのレシピ

用意するもの…ロース1枚、パン粉、小麦粉、卵1個、塩コショウ、サラダ油

手順…まず初めに、ロースに包丁またはフォークで切れ目を入れたり穴を開けたりして、火が通りやすいようにします。そのロースに塩コショウをふりかけて下味をつけます。

下味をつけることができたら、小麦粉を全体にまぶし、溶いた卵へくぐらせてからパン粉をつけます。

そこまで出来たらサラダ油を180度まで熱して揚げていきます。きつね色にこんがり揚がった、完成です。

卵アレルギーの場合、卵は使用せず小麦粉を水にといてドロドロにした状態のものへくぐらせてからパン粉をまぶすと良いです。また、時間が経ってもサクッとした衣を保ちたいのであれば、卵は使用せずに、この小麦粉と水をといたものを使用すると良いでしょう。

バラ

バラは、赤みの部分と脂の部分が層状になっているところが特徴的なお肉です。割合で言うと、脂身の比の方が多く、こってりとした濃厚な味がします。

スーパーではお手軽な値段で手に入れられるということで、家庭料理にも取り入れやすい部位でもあり、親しみのある味となっています。

バラは基本的にスライスされているものがほとんどですから、しゃぶしゃぶといえばバラというイメージを持っている方も多いかもしれませんね。

・おすすめの料理はズバリ!「角煮」

バラといえば、薄い状態を想像する方がほとんどでしょう。しかしバラはバラでもブロック状で売られているものもあります。

ブロックのバラを角煮にすると、脂身も赤みの部分も柔らかく、ホクホク・トロトロとした食感に仕上がります。しっかりと煮込むことによって、旨味の元である汁を吸い、より美味しい角煮を作ることができます。

・角煮のレシピ

用意するもの…バラブロック (ワンブロック)、ネギ(青い葉っぱの部分)、しょうが(チューブでもスライスしたものでも良い)、水、酒、醤油、砂糖、お好みの具材(大根、卵など)、サラダ油

手順…まずバラを3cm〜5cm程度に切ります。(厚みはご自身のお好みの厚さで構いません)そこから鍋にサラダ油をひいて、バラへ軽く焼き目を付けるように焼きます。

焼けたらその鍋へ、水・酒・しょうが・ネギ・お好みの具材などを入れて沸騰させます。

沸騰したら、落し蓋をして弱火で15分程度煮込んだあとに、火を切って少し冷まします。

完全に冷め切ったら、再度火をつけて残りの醤油・砂糖を入れて20〜30分程度煮込み、味を染み込ませたら完成です。

肩ロース

肩ロースは濃厚な味わいが特徴であり、脂身も程よく乗っている程度なので、ロースよりもコクが感じられる部位です。普通のロースに比べ脂身が少なく、赤みの比率が多いので脂っこい部位が苦手な方でも食べやすくなっています。

下ごしらえをする際は筋切りが必須なのですが、それは筋切りをすることによって、肉に火を通した時の縮みを防ぐ効果があるからです。

おすすめの料理はズバリ!「生姜焼き」

肩ロースは、生姜焼き用のお肉として売られていることが多い部位です。食べごたえのあるしっかりとした食感で、生姜焼きの味もよく染み込むのでとても美味しく仕上がります。

もちろんバラやロースなども生姜焼きに使用することはありますが、基本的にはこの肩ロースが使用される場合がほとんどとなっています。

お肉だけで焼いてもよし、玉ねぎを一緒に焼いてもよしなので、色々な生姜焼きを楽しむことができます。

・生姜焼きのレシピ

用意するもの…生姜(チューブでも可)、醤油、さとう、酒、みりん、肩ロース(お好みの枚数)、サラダ油

手順…まず初めに、調味料である生姜(チューブでも可)、醤油、さとう、酒、みりんを

混ぜ合わせてタレを作っておきます。

その次に、肩ロースに包丁またはフォークなどで切込みや穴を開けて火が通りやすいように、また味が染みやすいようにします。

その次に、肩ロースをサラダ油をひいたフライパンで焼いていきます。少し焼き目が着いたくらいで、最初に混ぜ合わせておいたタレを投入します。

肉全体にタレが絡んだら盛り付けて完成です。キャベツやレタスやトマトなどの生野菜を付け合わせるとより美味しいでしょう。

自分好みでより美味しく!

いかがでしょうか。しゃぶしゃぶには向いている部位と向いていない部位があるということがわかったのでは無いのでしょうか。豚であれば、ロース・バラ・肩ロースが特に向いていますので、その中でも特に自分の好みに合うものを見つけてくださいね。